レビトラを体験しよう

元気にしてくれるレビトラの副作用

レビトラは勃起不全で悩む男性を元気にしてくれるED治療薬です。高血圧や糖尿病などが原因で動脈硬化を起こし、血液が流れにくくなってしまったために起こる血管障害に対してバルデナフィルが血管を拡張してペニスの勃起を助けます。便利な治療薬ですが、
血管を広げるために、一時的に副作用が出ることがあります。あらかじめ副作用を理解しておくと便利です。
レビトラの副作用は次のような症状です。飲酒した時のような「顔の火照り」や「目の充血」、「光が眩しい」等です。また、血管内の血圧が2~3上昇します。人によっては「頭痛」「動悸」「鼻づまり」が起こることがあります。それはレビトラの有効成分であるバルデナフィルが血管を拡張しているために起こる現象です。持続時間が過ぎる5~8時間後のには元に戻りますので、心配はありません。これが一般の方が知っておくべき副作用の症状です。特に、気をつけなければならないことは、高血圧または狭心症の薬を飲んでいる方の副作用です。レビトラと併用することで、降圧作用が増強され、過度に血圧を下げてしまうことがあります。その場合は事前に担当医士に相談すれば避けられます。一方で、レビトラは低血圧(最大血圧が90mmHg以下)の方や高血圧(最大血圧が170mmHg以上または最小血圧が100mmHg以上)の方、不安定狭心症の方には使うことができません。特に、硝酸剤とは併用禁忌薬です。硝酸剤を使用している方がレビトラを服用されると、血圧を下げる効果がますことになり、急激に血圧が低下して場合によっては死に至る恐れがあるため併用禁忌薬になっています。そういう場合は、服用しないでください。そのほかには、担当医と相談すると良いです。

上へ戻る